CEO/創業者

フリードマンは、四半世紀にわたってエンタープライズ・ソフトウェア・アプリケーションに携わってきました。

MBAを取得した後、アクセンチュア(当時アンダーセンコンサルティング)に入社し、エンタープライズビジネスアプリケーションの設計、開発、展開を担当しました。

その後のコンサルタント会社では、ヨーロッパのコンサルタント会社で唯一の顧客満足度満点を達成し、多国籍アプリケーションの実装に関するベストプラクティスを執筆しました。

セールスフォース・ドットコム社では、米国とカナダをカバーする同社の主要地域である北西部のプロフェッショナルサービスグループを担当し、当時の4大Salesforce実装のうち2つを管理しました。

90年代後半には、迅速なアプリケーション開発のための独自の方法論がSiebel Magazineに掲載されました("Turbocharging Siebel Enterprise Application Deployments". Siebel Magazine (Volume I Issue 5): p43 - 45.)。

また、CXO、InformationWeek、Forbes.comなどの雑誌でも、ソートリーダー、コントリビューターとしてインタビューを受け、掲載されています。